愛妓峰


  • 트위터(sns)바로가기
  • 페이스북(sns)바로가기
  • 프린트
愛妓峰

愛妓峰

小さなイメージをクリックすると大きな画像で表示されます。

  • 小さなイメージをクリックすると大きな画像で表示されます。

    金浦市内から車で1時間ほど、金浦の端にある愛妓峰。
    そうして到着した愛妓峰は、入り口から軍人が統制する見慣れない光景から既に分かるとおり、民間人統制区域です。
    韓国戦争当時、南北が互いに奪い合いのため熾烈な戦闘を繰り広げた154高地がまさにここです。
    身分証明書を提示しなければ登れない愛妓峰の頂上からは北方の地が一目で見渡せます。松鶴山まで一目で見渡せることから、ここが民間人統制区域である理由を察することができます。

  • 愛妓と民族分断の悲しみがこもっているところ

    愛妓峰という名前は、丙子胡乱の時に連行されていった平壌監司を山峰の頂上で思いこがれながら死んだ妓生・愛妓の恨が残っているとして付けられました。そして1968年愛妓峰に訪れた故朴正煕大統領は、愛妓の恨は家族や故郷を失った失郷民の恨と同じであるとして「愛妓峰」の親筆揮毫を行いました。
    だからなのか、毎年秋夕になると望拝壇には家族と故郷から離れている失郷民が訪れ、先祖の祭祀を行いながら統一を祈ります。

  • 漢江河口の歴史を一目で

    民族の恨と統一の念願のこもった愛妓峰は近年、漢江河口の歴史や文化を一目で見ることができる場として生まれ変わっています。
    400kmを流れ、西海の海(塩河)にたどり着く祖江(漢江河口の名)。
    祖江は400kmを流れてきた漢江の水が淡水としての生を全うし老いたという意味と、翁のように安楽な川であるという意味をあわせ持ちます。
    実際に愛妓峰から見える祖江はほかに説明を必要としないほど安らかな姿です。また、北方の地を回りくねる臨津江と遠くの礼成江、川と海の区別がない塩河江、その真ん中に単独でたたずみ南北を行き来する鳥の拠り所になっている留島に至るまで漢江河口の歴史と文化がこもっており、祖江の潮時にソウルへ向かう黄布帆船の姿が目に浮かびます。

ご利用案内

    ※ 愛妓峰平和生態公園造成のため出入統制案内
      - 造成期間:2016年12月1日~2018年12月30日
      - 発注元:金浦市庁文化芸術課(031-980-2480、2481)
    
      「これまで愛妓峰展望台をご利用くださった観光客及び市民の皆様に感謝申し上げます。
        金浦市では既存の老朽化した愛妓峰展望台を撤去し、
        展望台と平和生態展示館を新しく新築するため
        愛妓峰の出入を統制しますのでご了承くださるようお願い申し上げます」

 
  • 駐車施設

    小型車両50台、大型車両20台

  • 観覧時間:毎週月曜日休み
    • 夏期(3月~9月):08:00~18:00
    • 冬期(10月~2月):08:30~17:00
      ※ 都合により変更・調整されることがあります。
  • 出入手続き
    • 車両のみ出入可能(徒歩、自転車等不可)
    • 代表者1人が出入申告所で申請書1部を作成、身分証明書を持参し検問所で確認した後に出入り
    • 外国人訪問時(敵性国の国民を除く)パスポート持参
現地情報
  • 周辺の観光地

    金浦国際彫刻公園、文殊山城、寒齋堂、茶道博物館

交通のご案内
  • 自動車をご利用の場合
    • 金浦空港及び88道路→48番国道(金浦/江華方面)→金浦市→郡下里(右折)→56番地方道(霞城方面行き)→開谷里(左折)→愛妓峰入口(出入申告書作成)→愛妓峰
    • 金浦空港及び88道路→48番国道(金浦/江華方面)→金浦市→楼山里三叉路(右折)→霞城面(里程標参考)→愛妓峰入口(出入申告書作成)→愛妓峰
  • 公共交通機関をご利用の場合

    永登浦(88番)、新村(3000番)、一山(80、96、97番)、仁川(70番):「郡下里」下車→タクシー(10分所要)

お問い合わせ

愛妓峰管理事務所 ☏ 031-988-6128

OPEN 공공누리 공공저작물 자유이용허락-제1유형(출처표시)
위 기사는 "공공누리" 제1유형:출처표시 조건에 따라 이용 할 수 있습니다.