德浦鎭


  • 트위터(sns)바로가기
  • 페이스북(sns)바로가기
  • 프린트
德浦鎭

分類:史跡第292号(朝鮮時代)

江華湾を経てソウルへの通り道である孫乭項に天恵の地形を利用して設置した朝鮮時代の軍営である 徳浦鎮は辛未洋擾と丙寅洋擾の時、西欧の列強との激戦地として歴史的な価値と唯物史的な意味を持っているところです。1981年 前文化院長のキム・ギソンさんの私費で発掘の作業が 始まりました。現在は砲台と把守台が復元され、2007年新しくなった徳浦鎮の遺物展示館には 朝鮮後期に使った砲の位置と砲の有効距離等を簡単に理解することができます。

忠臣船頭である孫乭の魂を慰める

徳浦鎮の端には高麗時代の船頭の孫乭の墓があります。孫乭はモンゴルの侵入で高麗の高宗が江華島に避難する時の船頭で、激しい水先に不安を感じた王が彼の首を切りました。すると孫乭は 水の上に小さなひょうたんを浮かべ、そのひょうたんに付いて行くと江華島に無事に到着できると言いながら死にました。遂に目的地に無事に到着した王は自分の軽率さに気付き、手厚く葬りました。それから祠堂を造って哀れに死んだ孫乭の魂を慰めました。
朝鮮時代末までは孫乭の魂を慰める祭祀を行いましが日帝強占期の間にはしばらく中断され、1970年から再び祭祀を行いました。1989年からは金浦文化院が主催して孫乭の忌日の旧暦10月20日に鎮魂祭を行います。

所在地 :京畿道金浦市 大串面徳浦鎮路103 番ギル 224-4
交通のご案内
  • 自動車をご利用する方 :ソウル·仁川 ·江華から大串面の大明港方面に移動後、大明~石井間始点部で右折 → 徳浦鎮進入
  • 公共交通をご利用する方

    江華(60-2番)、永登浦、堂山駅、松亭駅(60-3 番)、仁川 (700番, 700-1番) : 大明小学校の入口で下車、徒歩で30分

お問い合わせ : 82-31-989-9794
OPEN 공공누리 공공저작물 자유이용허락-제1유형(출처표시)
위 기사는 "공공누리" 제1유형:출처표시 조건에 따라 이용 할 수 있습니다.